CDプレス匠へご来店誠にありがとうございます。

 

今回は、マスターデータの入稿についてご紹介致します。

匠では、CDプレスのマスター入稿データはDDPを推奨しております。
理由と致しましては、マスターディスクと違い、配送コストがかからない。また、配送の時間が掛からない事です。

 

配送時間短縮となるので納期短縮に繋がってきます!

最近では、殆どのお客様がデータ入稿をご利用頂いております。

 

しかし、DDPマスターデータの入稿というと、不安視されるお客様がいらっしゃいます。
匠では以下の流れでプレスを行いますのでご安心下さいませ。

 

DDPマスターデータご入稿完了後、工場にて検証を行います。
検証後、検証結果報告書が戻ってきます。
この検証結果報告書PDFをお客様へご提出致します。
報告書は、Track1~の分数が記載されております。
それぞれのTrack分数をご確認頂き問題無い場合はプレスへ進行するという流れの下、進めてまいります。

 

もう一つ不安とされる事が音質がございますが、弊社プレス工場では、ご入稿頂きましたマスターデータを波形にし、スタンパーを作成致します。
その波形に関しましては調整する事はございませんので音質が下がるという事はございませんのでご安心下さいませ。

DDPマスターデータご入稿に必要なもの

DDPデータファイル
WABデータファイル(16bit/44.1Khz推奨)
※トラック分けされましたWAVデータも必ずご入稿下さいませ。

 

フォルダ作成方法
1.基となりますフォルダへご注文番号_お名前_Masterと記入してください。
2.基フォルダ内へご注文番号_DDPMASTER、ご注文番号_WAVMASTERと記入頂きそれぞれのフォルダへデータを格納してください。
入稿方法
お客様が普段利用頂いておりますデータ転送サービスをご利用下さいませ。

 

以上、CDプレスのマスターはデータ入稿がお得で便利でした。

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

お電話でのお問合せは0985-71-3164へお願い致します。